最近はK-POPダンスがアツい!?
最近の流行りのダンス事情は?

こんにちは〜!ダンススクールリンクスです!

もうすぐ12月、もうすぐ2019年も終わりですね!あっという間に月日が経っていて焦りを感じている今日この頃です、、、

そんな今日は、2019年現在のダンス事情についてまとめてみました。ダンスの流行が気になる人はぜひご一読ください〜!

ダンサーシルエットのイラスト

最近はK-POPダンスがアツい!?

最近はK-POPダンスが多くの女性から特に人気です!ダンススクールリンクスでもK-POPクラスの生徒さんがどんどん増えている状況が続いています。

では、なぜK-POPは人気なのでしょうか?リンクスがしっかり解説していきます。

それでは、スタート!

アーティストや振り付けが可愛い

主な理由は「TWICE」「BLACKPINK」「IZ*ONE」などが近年ブームになっているからでしょう。

上述した女性K-POPグループは「ポップでキュート」な楽曲が多く、ダンスも同様に可愛らしい振り付けやスタイルに仕上がっている傾向にあります。

また、女性K-POPグループに属している女性陣は「同性も憧れる抜群のスタイル」を持っているため、ポージング一つ取っても魅力的に映ります。このような特徴から、日本人女性からもK-POPダンスは近年非常に人気になっています。

▶︎ K-POPクラスの詳細はこちら

BLACKPINK
楽しくダイエットできる

K-POPダンスはその楽曲やダンスの振り付けの特徴から、楽しくダイエットができると非常に評判です。

また、K-POPダンスは振り付けが分かりやすくて簡単なものも多く、初心者でも気軽に楽しめるため無理なく始めることができます。

▶︎ ダイエットにおすすめのK-POPダンスの詳細はこちら

女性のウエストとメジャー

K-POPダンスのレッスンを受けるならダンススクールリンクスへ

ダンススクールリンクスでは、完全少人数制(max8人)のK-POPクラスを開講しています!

  • 少人数制なのでインストラクターが小まめにレクチャーすることができている!
  • 生徒さん同士の仲がよく、レッスン中はずっと明るい雰囲気!
  • 生徒さんのリクエスト曲なので自由に振り付けしている!

などなど、初心者さんの方でも楽しめるレッスン環境を整えています。

ご興味がある方はぜひ体験レッスンに遊びに来てくださいね☆

その他に注目されているダンスは?

K-POPダンスの他に特に注目されたダンスは、様々です!ここからはシチュエーション別に流行のダンスをご紹介していきます!

結婚式の余興/二次会で流行ったダンスは?

結婚式場で働く友人にどのダンスが多かったのか聞いてみました。すると、以下の3つのダンスが圧倒的に多かったそうです。正確に年間で何回踊られたのかは分かりませんでしたが、ご参考までにご覧ください。

【No.1】バブリーダンス(※リンクはYoutube動画)

結婚式の二次会で多かったのは「バブリーダンス」です。その振り付け難易度の高さからダンス経験者ではないと選ばれることはないと思っていましたが、今年の結婚式は8回行きましたが4回は見ました。

90年代のディスコを思い出す独特な衣装と曲が特徴的で、ダンスの完成度はイマイチでも十分に観客を楽しませることができるダンスです。

ミラーボールとダンサーのイラスト
【No.2】U.S.A / DA PUMP(※リンクはYoutube動画)

こちらもバブリーダンスと同様に多くの結婚式や二次会で見ることができました。分かりやすくて誰でもできる簡単な振り付けのため、バブリーダンスよりも多くの会場で目にしました。

【No.3】スリラー/ マイケル・ジャクソン(※リンクはYoutube動画)

長く愛され続けているマイケル・ジャクソンですが、2019年現在も結婚式の余興で使われることが非常に多いようです。

やはり、その独特な振り付けとファンキーな曲調から選ばれているのでしょう。実際に筆者が行った結婚式でも2回はスリラーを使った余興を見ました。

近年はストリートダンスの人口が大幅に増加!

ダンスの必修化など一昔前では考えられないほど、ダンス人口が増えています。2019年現在では日本のダンス人口は650万人を超えていると言われています。

また、ダンス全体を通して親世代と子供世代で比較した時に5倍以上の競技人口にまで増加しています。

その中でもダントツ人気のダンスがストリートダンスです。ダンスを習っている子供のうち、70%以上がストリートダンスを選択しています。

その次に「ジャズ」「バレエ」と続きますが、その人気度の差は歴然としています。よって、近年でもっとも注目されているダンスはストリートダンスと言えるでしょう。

▶︎ストリートダンスクラスの詳細はこちらから

図1

参照元:PRTIMES(あなたのお子さまが習っているダンスのジャンルについてお答えください。(お答えはいくつでも)(N=119))

まとめ

いかがだったでしょうか。ダンスの必修化やTikTok・Youtubeなどの動画配信サービスの普及などによって、近年のダンス界が非常に賑わってきているのがお分かりいただけたと思います。

「ダンスなんてヤンキーがやるもの」なんていう時代は遠い昔に終わりました。もし、少しでもダンスに興味をお持ちの方は是非ダンススクールリンクスの体験レッスンにお越しください!

====================
社会人・大人初心者向けダンスレッスン
DANCE SCHOOL LINKs (ダンススクールリンクス)
MAIL:info@dance-links.tokyo
HP:https://www.dance-links.tokyo/
====================